綺麗でいなきゃね

きれいでいるための秘策をご紹介しています。

未分類

さつまいもで健康管理

投稿日:

さつまいもと、じゃがいもには大きな違いがあります。

さつまいもは根っこ、じゃがいものは茎が膨らんで出来たもので
似たように見える2種類の芋ですが
実はまったく違うものなのですね。

このサツマイモ、実はビタミンCをたっぷり含んでいます。

ビタミンCは、メラニン色素の定着を抑えたり
メラニン色素を薄くする効果があります。
また、お肌のプルプル成分であるコラーゲンの
材料のひとつでもあり、女性にとってもやさしい成分なんです。

また、カリウムもたくさん含まれていて
足のむくみを取り除いたり
とりすぎて、あまってしまった塩分を
体の外へと押し出す効果があります。

イモ類全体にいえることですが
さつまいもも、たくさんの食物繊維を含んでいます。
食物繊維は、腸内環境をよくし
大腸がんなどの発生を抑えるとともに
血液中のコレステロールを少なくし、
高血圧や動脈硬化などを予防する効果もあります。

その甘みで女性からの指示が高いさつまいもですが
栄養価の面でも、女性に優しい食材なんですね。

-未分類

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

抜け毛が気になる

季節の変わり目は抜け毛が増えませんか?最近髪の毛が細くなってきて抜け毛が増えてきたように感じます。シャンプーもいろいろ試して自分に合ったものを日々選ぶようにしていますが体調もありますよね。私の場合は紫 …

no image

豆のスプラウト

夫は好き嫌いが多い人間なのですが なぜかもやしが大好きなんです。 私も、もやしは安いしおいしいので好きなのですが いかんせんヒゲの処理が面倒でどうしても買うのをためらってしまいます。 ところが、このも …

no image

酵素浴②

さて、前回酵素浴がどんなところかというものをご紹介しましたが、じゃあ実際酵素浴に入ると何がいいのかというのをご紹介したいと思います。 まず、天然発行のおがくずに入ることで、身体がじんわりと温まります。 …

no image

トマト

イタリアでは古くから 「トマトが赤くなると、医者が青くなる」 といわれるほど、トマトの栄養価が知られています。 トマトのこの赤い色は「リコピン」という色素で 近年、このリコピンには、「がん」を防ぐ効果 …

no image

デト部

最近はすっかりご無沙汰になってしまいましたが、友人とデト部というのを作ってました。3人で(笑) 美容大好きな友人と、毒出しできそうなことを色々とやっていました。 以前ご紹介した酵素浴や、ゲルマニウム、 …